セズニズム

めんどくさがりやの備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本製 女性型ロボット「 HRP-4C 未夢(ミーム) 」

2009年3月16日に、産業技術総合研究所から発表された
歩行や音声認識なども可能な少女型ロボット!
といえば、
サイバネティックヒューマン!「 HRP-4C 」!!



HRP-4Cは 10月6日から幕張メッセで開催されている
「 CEATEC JAPAN 」にも出演しています

robo5
 外部リンク
歌うロボット、YouTubeピアノ――CEATECで見た未来の音楽
2009年10月06日 ASCII.jp

日本人女性を模したリアルなロボット「HRP-4C 未夢(ミーム)」とVOCALOIDが合体
2009年10月07日 GIGAZINE(ギガジン)


呼びにくかったのでしょうか、いつの間にか
未夢 (ミーム) というニックネームまでついてます

しかも、ロボットの見た目を変える手段は
外装の交換ではなくコスプレを選択



・・・自由で独創的なアプローチに思わず唸らせられます





ちなみに これまでのHRPシリーズの変遷を見てみると・・・

HRP-2 Promet (プロメテ) !


HRP-3 Promet Mk-II(プロメテ マークツー) !!


HRP-4C 未夢( ミーム ) !!!




 !??




このモデルチェンジのあいだに
産総研でなにがあったのでしょうか・・・




 関連リンク

産業技術総合研究所 プレスリリース


■Robot Watch ( Impress Watch インプレスウォッチ )ITニュースサービスサイト

産総研の女性型ロボ「HRP-4C」開発者座談会(その1)
~今の反応は予想外!? 開発裏話を聞く 【2009年7月16日】
産総研の女性型ロボ「HRP-4C」開発者座談会(その2)
~目指すのは“人の役に立つ”ということ 【2009年7月17日】

HRP-4C フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」



 追記

なぜ女性型サイボーグはおかっぱ頭なのか?

 ↓


元になったモデルとかあるのか気になります


スポンサーサイト

「歯」と「毛」を再生する実験に成功!

歯と毛 再生、成功率100%  東京理科大・阪大マウス実験


記事リンク
FujiSankei Business i(フジサンケイ ビジネスアイ)

 本文引用
東京理科大と大阪大の共同研究グループは、
歯を再生したり、薄くなった毛髪の復活に道を開く
新たな治療法の技術開発に成功した。

マウスによる実験では、
正常な歯と同じ構造の歯を 100%の確率で再生し、
何度繰り返しても同じ結果を得られた。
毛の実験でも毛が発生し、伸びることを確認したという。


研究グループリーダーの辻孝東京理科大助教授は、
「歯の再生を人間で実際に行うにはまだ時間がかかるが、

毛髪の再生は5年以内にできそうだ」としている。

< 再生医療 >

患者自身の細胞を元に、組織や臓器を培養できれば、
拒絶反応の心配がない移植も可能
現在の臓器移植や機械的な人工臓器に代替する治療手法として
実用化が期待されている。



すごい技術です。
これで近い将来、自分自身の細胞を使って
「歯」や「毛」を再生できるようになるかもしれない!?

歯を抜いても「また生えてくるよ」
毛が抜けても「また生えてくるよ」
と言える、入れ歯 や カツラ いらずになる日が来るのか?

実用化されれば、
年をとってからかなりお世話になる技術ですね。



舌から脳に情報を送り 視力を得る技術!

ビデオカメラからの映像情報を 電極から出力

”舌”から脳に視覚情報を送り 視力を得る!



CBSニュース さま

Blind Learn To See With Tongue - CBS NEWS

< 動画リンク >


TV番組「 サイボーグ技術が人類を変える  」
でもお馴染みの 視覚情報関連技術 の続報です。    (当ブログ記事)


以前に紹介された カナダの男性は
ビデオカメラで撮った映像を直接脳に送りこむために
脳に電極を埋め込む外科手術を受けていました。

その技術を推し進め、
外科手術を受ける必要性を無くし、
誰にでも手軽に使えるように改良を重ねた結果、
今では「舌にプレートを乗せるだけ」で
脳に視覚情報を送れるようになったようです。


CBSのレポートは
「 今はモザイク状の映像ですが、
   数年後にはビデオカメラと同等(白黒ですが)
   になるのではないか? 」
と締めくくられています。


科学技術の進歩とは すごいものですね・・・



その他にも こんな技術が!

 外部リンク

なんでも評点 さま

”脳に電極を埋め込んで着実に体重を減らす”
医療技術の臨床実験が開始される



「お腹なんか減っていない!お腹なんか減っていない
という信号を脳に直接与えてやるわけである。

まるで実験動物のようだが、
従来のどの減量法・痩身法よりも安全性が高い
と彼らは主張している。」
 



”確実にダイエットが出来る”
という事らしいですが・・・

「生命倫理」という点から見れば まだ問題は山積みですが、
このままいけば、脳が機械と直接つながった
システム・サイボーグが珍しいものではなくなるのも
時間の問題のようですね・・・


必見!NHKスペシャル サイボーグ技術が人類を変える

NHKスペシャル アンコール

「 サイボーグ技術が人類を変える  」

11/3(金) 22:00~23:15 NHK総合




機械に合わせて進化し、機械で調整される脳

脳が全ての機械と直結した!



関連リンク

サイボーグ技術が人類を変える  ( NHK 特集ページ )

サイボーグ技術が人類を変える  ( サイ内 特設ページ )

脳内チップが未来を変える! 米国サイボーグ研究最前線  ( nikkei BPnet )

サイボーグ技術が人類を変える  ( HOTWIRED JAPAN )



身体の一部を機械に置き換え、
脳が機械と直接つながったシステム・サイボーグ。
SFの世界の話だと思われていたサイボーグが
今、現実のものになろうとしている。



今までの人類が体験したことのない 新たな感覚を得ている
自ら進んでサイボーグ化をすすめた人々―――

考えただけで動く「人工の腕」を手に入れた アメリカ・テネシー州の男性。
ビデオカメラで撮った映像を「直接脳に送りこみ
光を得ている 完全に視力を失ったカナダの男性。


難病の治療に劇的な効果をもたらしたこの研究は、
今、うつ病、強迫神経症などにも応用され、
人の心に関する部分の調整にまで踏み込もうとしている。


生きているマウスの動きを人間がコンピュータで操れる
「ロボラット」の技術も現実のものとなったいま、

昔から多くの人が、語り合い、意見を集約してきた
”人の心 ”についての解釈。
その根本部分に 解釈ミスがあったことが
科学的に証明されてしまう。

急務は「生命倫理」について論議すること。
この一言に尽きます。



Home

ブログ内検索

リンク

カテゴリ

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。